【スポンサーリンク】

革靴を履いたくま〜紳士になりたい〜ブログ

どうも革靴ぐまです。話題は革靴やビジネスファッション中心でございます。

エドワードリーン・カドガン 絶品セミブローグについて


f:id:Kuuuman:20190905184815j:plain


どうも革靴ぐまです。

 

エドワードグリーンのラスト202が履きたくてこいつを手に入れました。

セミブローグのカドガンでございます。

 

実はエドワードグリーンの代表的なラスト202は初めて履かせていただきます。

念願叶って本当に嬉しい限りです。

 

 

 

まずはデザインを堪能します

f:id:Kuuuman:20190905192529j:plain

メダリオン(つま先の飾り穴)が美しく見とれてしまうほどです。

それでいてスマートな雰囲気も感じられ、ビジネスでもカジュアルでも使えそうで汎用性の高いところも魅力の一つだと思います。

 

革の感じはと言いますと、きめ細やかながら分厚くとても丈夫そうであります。

同じ英国のチャーチの革質(私の履いているチェットウインドというフルブローグの革)と比べると柔らかくしなやかな印象を受けました。

 

革とデザインについては大満足なのですが、一点だけ気になったことがあります。

上の写真でも見えるかもしれませんが、メダリオンの小さい飾り穴のくり抜きが甘くなっているところが見つかりました。

 

しかしまあ、これも味の一つかなとも思ったので今は気にしておりません笑

 

レザーソールとライニング

f:id:Kuuuman:20190905192509j:plain

靴底までも美しい

ソールの土踏まずの部分だけ黒い、半カラス仕上げになっているところがたまりません。

ヒールに規則的に打ち込まれた釘も渋いですね、エドワードグリーンさん

 

つま先にはいつも通り購入時にトウスチールを装着しております。

f:id:Kuuuman:20190905193952j:plain

そして靴の内側のレザーもツヤのあるブラック!金文字のロゴがカッコよすぎます。

ライニングまで滑らかに仕上げられているので肌あたりがとても良いです。

 

そしてプレメンテ

履き降ろす前に恒例のプレメンテを行いました。

革靴は完成してから消費者の手元に届くまでに結構な時間が経過しており、乾燥してしまっていることが多いらしく、履く前にお手入れして潤いを与えてあげることが重要だと考えております。(乾燥は革にとって大敵です)

 

f:id:Kuuuman:20190905195120j:plain

お手入れしやすいようにシューレースを外し馬毛ブラシでホコリを落とします。

f:id:Kuuuman:20190905195408j:plain

そしてブートブラックのリッチモイスチャーを靴全体に塗り込み乾いた頃に布で磨きました。これで革に潤いが補充されたと思います。

(下の画像がリッチモイスチャー使用後の状態です。心なしかツヤ感が増しております)

f:id:Kuuuman:20190905195626j:plain

次にサフィールノアールのクレム1925ニュートラルを使用します。

油性のクリームであるクレム1925は革に栄養と潤いを与え、保湿効果や防水性も付与してくれます。

 

最後にワックスで仕上げます。ワックスは芯材の入っているつま先とかかと部分に使用しましょう。

f:id:Kuuuman:20190515002402j:plain

見た目が美しくなるだけでなく、ぶつけやすいつま先の保護になるのでお気に入りの靴にキズが入るのが心配な方には特におすすめです。

 

仕上がりはこんな感じ↓↓

f:id:Kuuuman:20190905200719j:plain

エドワードグリーンの靴は本当に美しいので個人的に磨きがいを感じております。

 

f:id:Kuuuman:20190905200911j:plain

アップで見てみると

軽く風景が映る感じに仕上げることができまし。

 

f:id:Kuuuman:20190905201112j:plain

お疲れ様です。

 

早く履きたいなあと、ワクワクした気持ちにさせてくれます。

また履き降ろした後に履き心地などをアップしていきたいと思います。

ということで本日はここまで。

 

それでは皆さん明日もよい1日を