【スポンサーリンク】

革靴を履いたくま〜紳士になりたい〜ブログ

どうも革靴ぐまです。話題は革靴やビジネスファッション中心でございます。

上質な革靴を履くことのススメ

どうも革靴ぐまです。

本日はこれから社会人になられる方や、本格靴の購入を検討されている方のために少しお話しさせていただきたいと思います。

 

とりあえず高い靴を買ってみよう

靴を磨く前にお気に入りの靴を探しましょう!

どんな靴を選べば良いのか迷ってしまうかと思いますが、私は皆様が「高い!」と思える靴を買うことをおススメしております。

ただし、高いといっても少し背伸びをするくらいで結構です。

 

すでに社会人で靴を何足か所有している方は5、6万円くらいのものに挑戦!

新社会人の方はローテーションも考慮し、2、3万円の靴が2足程用意できればしばらくは安心できると思います。

そこからは少しずつ買い足していただければよいでしょう

特に梅雨の時期に備えて、4月5月の給料で雨対応のビジネスシューズの購入を検討するプランがおススメです。

少し経済的に厳しい時期かもしれませんが、靴は消耗品

いずれ必要になる費用ですので早いうちに揃えてしまいましょう

 

www.kawagutuwo-haita-kuma.com

 

www.kawagutuwo-haita-kuma.com

 

具体的にどんな靴を買えばいいの?

価格以外に考慮すべき点は以下の通りです。

・グッドイヤーウェルト製法

→定期的に修理することで、他の製法のものより長く履くことができる

・国産メーカー

→作りも丁寧で価格もお手頃=コスパがよい

    余裕が出てきたら英国靴などに視野を広げてみるのが良いと思います。

・使い勝手の良い黒のストレートチップ(2足目以降はビジネス環境に応じたもの)

→ビジネスから冠婚葬祭まで使用できるシーンが多く、使い勝手が良い。

 

革靴ぐまのケース

私が初めて購入した本格靴はスコッチグレイン

値段は当時の私からするとお高い5万円

 

以前は1万円程度の靴を履きつぶしておりましたが、

ダメになったら買い換えればいいやという考えがあったのでしょう。残念ながらほとんど手入れはしておりませんでした。

 それがなんと!高い靴を買った私は自然に手入れし、大切に履いていたのです。

 

私は気付きました。

5万円を支払い、対価として質の良い革靴だけではなく、

靴を手入れするスキルと習慣を手に入れたのです。

今となっては、とてもお得な安い買い物だったと思います。

 (ここでは割愛しますが、他にも学ぶことや得るものが多数ありました。)

 

というわけで

私が皆様にオススメするのは安い靴ではなく高い靴

理由はシンプル

値段が高い方がきっと大切にできるから

「お前は値段でしか物の価値が分からんのか」と呆れられた方もいらっしゃるかもしれませんが、それが人間です

簡単に手に入るものより

自分が苦労して手に入れたものが大切に感じることは当たり前なのです

それに品質の良いものは経験した人にしか良さはわかりません

経験にお金を出すことも決して悪いことではないのです 

 

その結果

良いものでなくてもいいなぁと感じる人は 次回は安めのものを

より品質の良いものが欲しくなった方はさらに良いものを求めましょう

 

人それぞれ価値観が違いますので、どんな靴に満足できるかについては

「値段と質のバランス」が重要になってくると思います。

ところが、お買い物をするときは安いものに視点が向かい、高いものは敬遠してしまう傾向があると思います。(お金持ちの方はわかりませんが笑)

そのため安くてそれなりのものは経験する機会が多くても、高くて上質なものは下手をすれば一生触れることすらなく終わります。

良いものを知るという意味でも敢えて高いものから見ていく習慣を身につけることが、人生の幸福度を向上させるひとつの手段であると考えております。

  

そして、今回お話しさせていただいたことは、靴を大切にする習慣を作るためのきっかけとしての提案でございます。

参考にしていただけると幸いです

話が長くなりましたが本日はこの辺りで失礼いたします

 

それでは皆さん明日もよい1日を